薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です

薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です

薬膳マイスターの資格とは・食事で健康にする資格です
毎日の食事で健康なれたら素敵ですよね。
一人ひとりの体質や体調に合わせながら、毎日の食事で健康になれるのが「薬膳」、この薬膳を身近な食材でおいしく簡単に作れるようになる資格が「薬膳マイスター」です。

 

薬膳は一人ひとりの体質やその日の体調に合った食材を選んで料理を作る、「オーダーメイドの料理」です。
薬膳は人気こそはあるのですが、実際に毎日の食事に取り入れることが意外と難しく、敬遠されることが多いかもしれません。
この薬膳を、「手軽」に「おいしく」実践できるようにする方法を学べるのが「薬膳マイスター」なのです。

薬膳マイスターは「和漢膳」を学ぶ

薬膳マイスターで学ぶのは日本型薬膳「和漢膳」です。

 

従来の薬膳では、入手しにくい食材を使っていたり、日本人の口に合わない味になっていたりと、必ずしも手軽に、おいしく食べられるものではありませんでした。
日本型薬膳「和漢膳」は、薬膳の正統的な考え方を踏まえつつ、日本人の体や味覚に合うようにアレンジした、「日本人に合った薬膳」となっています。
四季のある日本ならではの旬の食材に、栄養価の高い生薬としても活用される食材を加えて作るので、身体のバランスが早く整うという魅力があります。

 

しかも、子どもにも食べやすい食材を使うので、家族みんなで味わえるものになっています。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

薬膳マイスターのマイナス面

昔からの薬膳を本格的に学びたい方にとっては、薬膳マイスターの資格は回り道になるかもしれません。
和漢膳は、自宅で「手軽」に「おいしく」実践できるようにアレンジされています。
そのため、すぐに家庭で楽しめる薬膳をマスターすることはできますが、高価な生薬を使った難病を治そうとするようなものは後回しになります。

 

麝香や牛黄や鹿茸といった、高価な生薬をふんだんに使った薬膳も後回しです(ちなみに、順にジャコウ、ゴオウ、ロクジョウと読みます。)。
手軽でなくても、おいしくなくてもいいから昔からの薬膳だけが知りたい方には、薬膳マイスターの資格をおすすめしません。

未病のうちにおいしく治す

病気が重くなってから、身体の悪い部分だけを治そうとしても難しくなります。
症状が出ていない「未病」のうちから身体を整えることで、いつも健康でいられます。

 

薬膳は身体を整えるものですから、決められたとおり完全な料理を作る必要は必ずしもありません。
普段の料理に食材をちょい足ししたり、ちょっと手を加えるだけで作れる薬膳もあります。

 

こうした「手軽」に「おいしく」実践できる薬膳を、薬膳マイスターなら学ぶことができます
薬膳マイスターは次のような方におすすめです。

  • 普段から体調が気になる方や病気を予防したい方
  • ご家族の健康が気になる方
  • 料理のレパートリーを広げたい方
  • 食や健康に関するお仕事に携わっている方
  • 薬膳、漢方などを実践したい方

薬膳マイスターは、和漢膳の正しい知識を身に付けて、自分と家族のおいしくて健康な暮らしに役立てたい方におすすめの資格です。

 

⇒【無料】薬膳マイスターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

薬膳マイスターは、日本人の体や味覚に合うようにアレンジされた日本型薬膳「和漢膳」を学ぶ資格です。一人ひとりの体質や体調に合わせながら、毎日の食事で健康になれる薬膳を、手軽においしく実践できるようにするのが薬膳マイスターです。